②12月23日 この音とまれ!コンサートin東京赤坂草月ホール

1515820639024.jpg 1515820626233.jpg

②さて、去る、12月23日東京赤坂草月ホールにおいて、! 箏曲コンサートが開催されましたが、遅ればせながらご報告いたします。

このホールは約500名が入場できるそうですが、満席で、ほとんどが若い方ばかり。

おまけに司会者の「お箏の演奏会に初めて来られた方?」の質問に、7・8割の方が手を挙げられ、アミュー先生(!の原作者)の人気の凄さを痛感しました。
アミュー先生のお姉様の橋本みぎわさんが舞台でおっしゃったように、「妹よ!ありがとう!」は沢山の方にお箏に興味を持っていただけたこの作品に対しての心からのメッセージだったと思います。

プログラムは、二部構成で、第一部は作中の作品で、【1】龍星群 【2】さくらさくら 【3】虚龍譚 【4】セピアの風に 【5】久遠が演奏されました。
【1】・【4】・【5】はインターネットでも見ることができますので、「!」で検索をしてぜひご覧ください。

第二部は、コンクール形式で5つの高等学校箏曲部が競い、審査員として、お客様に投票してもらうという、楽しい企画でした。
曲目は.【6】二つの個性 【7】百花譜 【8】さらし風手事 【9】堅香子 【10】天泣
実際、全国高等学校箏コンクールを見に行ったことがありますが、作品に描かれているように、大勢の部員が、息を合わせ音を一つにして合奏する姿は圧巻です。
アミュー先生ファンの皆さんはこの企画、作中に参加しているようで、演奏を何倍にも楽しめたのではないでしょうか。

結果は、ジャンプSQに発表されるそうですが、個人的には、【10】天泣が好きです。でも、【8】さらし風手事は、大樹となかじくんが演奏しているので、これもお薦めです。
因みに、なかじくん~中島裕康さん~は大樹の後輩ではありますが、各コンクールで大きな賞を次々受賞され、大活躍中の琴演奏家です。(かなりイケメンです)

アミュー先生のTwitterになかじくんが度々登場します。大樹の事が、このHPよりリアルタイムで写真付きで面白く掲載されていますので、こちらもご覧ください。

③へ続く